自由な生き方

後半生は世のためになることをしたいと願い、
マンション管理組合役員を進んで受けている。
金儲けにはまるで縁のない仕事だけれども。

そんな考えの私が、15年間受け続けたとある
マンションの理事長を自ら辞任してしまった。
10近いマンションで役を引き受けていて、
こんなことをしたのは初めてだ。

辞任理由は簡単。
無知で傲慢な役員がいっぺんに3人も参入して
きたからだ。無知だけなら辞めなかったが、
傲慢までついてくると我慢がならない。
それも3人もつるまれては、やる気を失う。
元々がボランティアだから、心を痛めてまで
やる必要もない。「嫌なら辞める」という
生き方を貫いた。

楽しい人生を送るためには、苦痛を味わされる
ような人とは絶対に接点を持たない人生。
私は、この点ははっきりしていて、
「二度と連絡して欲しくない」とはっきりと
言える人なのだ。
周りには素敵な人だけをちりばめておきたい

人生で辛いことの一つは、飯のために自由を
失うことだ。我が人生では、その点で完璧に
自由を貫いている。高校時代も、大学時代も、
行きたくないときはスパッと学校へ行くの
をやめ、行きたくなってから、また
学校へ戻った。

会社に入っても、独立開業しても、常に
辞めたいときに辞め、始めたいときに
始めることを繰り返した。40代は会社を
売って、10年間遊びまくった。だから、
ZOZOの前澤さんの気持ちが良―く分かる。

毎日を楽しく過ごすには、このような生き方が
最高と考えている。こうして、日誌に「楽しい」
と書ける日を増やしてきた。

カテゴリー: こころ・人生 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です