「自然保護」

「自然保護」 実に美しい響きの言葉だ。
私もこれにケチをつけるつもりはない。

ただ、人口の極度な減少で、黙っていても
日本の居住区の50%は自然に戻るだろう。
否、荒廃した後に、自然が戻ってくる。

荒廃の実態を具体的に言えば、
今回の大雪の中での生活破綻がいい例だ。
車の中で死ぬ人や孤立した家の中で
寂しく亡くなっていく人が激増する。
日本中で、そんな廃村危機が頻発している。

自然保護、動物保護、開発抑制の美名の下で、
如何に多くの人たちが被害を受けているか。
なぜ、被害者は行政を訴えないのか。
実に不思議である。

CNNl_6MUYAA76vL
写真は台風後のメガソーラー発電所だ。
パネルが近隣に多大な被害を及ぼした。
横須賀にそんな事が起きそうな所が
あちこちにある。

私が国際スクールを計画した土地の隣も、
今ではソーラー発電施設になっている。
多くの民家の建っている直ぐ脇にある。

風に強い強固で美しいスクールに反対し、
危険で醜いメガソーラーはいいのか。
なぜ、行政はまともな介入をしないのか。

そこでは美しい蛍を守る会の運動が盛んで、
彼らは、人命を脅かすものには気づかないで、
蛍だけに執着する、その神経が分からない。
蛍って人命よりも大切なんですか?
熊や猪は人よりも大切なんですか?

大雪で孤立してしまう村の方が
自然でいいのですか?
資材置き場や残土捨て場の方が
自然で美しい街づくりなんですか?
※反対運動で開発は阻止できても、
それぞれの地権者が勝手に貸し出すから
あちこちに開発崩れの典型的な醜い
光景が出現する。反対運動が成功し、
結果、皆が不幸になる。嫌だ、嫌だ。

子供が危険な夜道を帰る街がいいですか?
貴方は本当にそんな街に住みたいですか?
日本はこの頓珍漢の中で着実に汚れていく。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です