横須賀で持ち家は得か損か

前々回のブログで「地価の下落」を書いた。
その中の事例で、4千万の下落に触れた。
でも、だからと言って、「持ち家が損だ」とは
一言も言ってはいないし、思ってもいない。

昔から、私は「持ち家論者」であった。
その根拠は、計算すればすぐに分かる。
先ず、17年間この家に「借家」として住んだら、
家賃はどのくらいになるかを計算してみよう。

土地77坪、床面積約150平方メートル。
これだけの家だから、家賃なら月25万か。
年間なら300万、17年間なら5100万。
4千万の値下がりを1100万上回る。
やっぱり買った方がいいのである。

そして何よりも、この豪邸で育った子供は、
大きな誇りを持ちながら成長しただろうし、
この家で育ったことにとても感謝をしただろう。

また、仮に、これを米軍所属の兵隊に貸したら、
どんなに悪くても月額30万円はいただける。
だから、これを今回3千万で買った人は
住んでもお得だし、貸しても儲かる。

もし20年間貸せば、総売上げは8640万。
稼働率80%で維持費54万×20年とすると、
ネット売上げは8640万×0.8-1080=5912万
結果、20年間で約3千万儲かることになる。
だから、例え、この物件が半値になっても、
20年間で、確実に1500万は儲かるのだ。

この理論で、地価下落の激しい横須賀でも、
私は不動産でしっかりと稼いでいるし、
私の周りの元生徒たちも豊かになっている。

田舎でも、「いい物件」さえ買えば、
決して損することはない。

The reputation of Yokosuka is so bad that
the land price of Yokosuka has been going down for a long time.

But I have been making money on a steady basis
for more than 40 years in Yokosuka.

What is important is you choose the land
in the best area for the most suitable purpose.

カテゴリー: 不動産・ビジネス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です